スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際フィッシングショー2013

皆様ごきげんよう、お久しぶりです。
Oでございます。
さておかげさまで国際フィッシングショー2013無事終了しました。
多数のお客様にはご来場いただきまして、この場をお借りして御礼申し上げます。
ありがとうございました。
では会場の風景をどうぞ。


ブース正面
ブース

お約束のデモ用水槽
ブース水槽

もちろんお約束のあの人も(R:パールメガネ玉川氏 L:マシン山崎氏)
マシン1

こんな方も!(ピストン西村氏)
ピストン1

などなど、一生懸命お仕事させていただきました。

と思いきや、正面ガマカツさんのブースが気になってしょうがない2人。
なぜって、ハイ!(玉川氏、S社N氏も推薦)
ガマ1
玉川氏曰く親父キラー的な魅力だそうです。 
私にはわかりません。
何してるんですか?怒
仕事ですよ!怒怒 、仕事に来てるんですよ!!怒怒怒

と言いつつ、
ガマ2

おまいら仕事してんのか!!と怒られそうですが、
だって~、ガマさんでイベント始まるとブースから人が居なくなってしまうんです。
そのかわりイベントが終わると猛然とイベント帰りの客をブースに引き込み、熱っぽく語らせていただきました。
>>ハイエナか!

会場風景はこれぐらいにして、今年の当社のイチオシをどうぞ
N2-ALL
そうです、当社のオリジナルサングラスN2です。
「??あれ、昨年発売したんじゃなかったっけ!」というお客様、
昨年のは今年のためのプレオープニングです。

昨年発売開始予定で広告まで出しましたが、完成度を高めるために1年も熟成しました。(涙
気を取り直して、
・まずは5色展開、プラスチックフレームならではのメタリック塗装を多用してます。
 (艶消し黒、メタ黒、白、メタ銀、メタオレンジ)
・単なるサングラスフレームではありません、度付対応で光学的な事も考慮した4カーブ設計です。
・完全な日本製、SABAE製造です。
N2-SIDE
特徴的なサイドのコンビネーションライン
・プラスチックフレームであっても可動部分は剛性感のあるものにしたかったからです。
 デザイン的にも高級感が出たのではと思います。(チタン製)
N2-INSIDE
インナーにはかけごこちを考慮した専用設計のバネ蝶番、しかも水場での使用を考慮して
取り外し式でメンテ・交換ができるようになってます。
(この交換式バネ蝶番は以前からやりたかったのですが私の知る限り世界中さがしても交換式は
ほぼ無いと思います)
N2-BANE
絶妙のかけ心地を生む大きめの専用シリコンノーズパット(コンベックスロゴ入り)

もちろん、POLAWING-SPX専用設計ならではのフレームとレンズの相性の良さを備えています。
これから徐々にお店に並んでいくと思います。
皆様是非宜しくお願いします。

長くなりすぎですが、最後にフィッシングショー総括。

当社の製品はお客様にとって安くない買い物である事はよく理解しています。
また、当社のような無名メーカーの商品を信じて大枚をはたいてお買い上げいただき、
お客様にとっても賭けみたいなものではないかと私は思います。
それでもお買い上げいただき、その性能を気に入っていただき
・あれから取り逃がしがなくなった。
・変えたとたんビックサイズ連発。
など、直接お客様からお声をいただくと、本当にやる気がわいてきます。
また、こんな場面でこうしたいなどの意見も多数いただき、このようなネガティブな意見は更に
ありがたい事です。
次の構想もすでに動き出しています。
ここ最近はフレームなどやレンズ内部のラインナップの充実などのまわりの事が多かったのですが、
色々なご要望、プロの意見、フィールドテストの結果などの情報が溜まってきています。
これらを形にすべくまた苦闘していきたいと思います。
では、来年またお会いしましょう。

PS
フィッシングショーにきたら、帰りはマーボ豆腐を食べよう。
ここオススメです。
陳麻婆豆腐 横浜クイーンズスクエア店

ここのマーボ豆腐は本物です。
昨年帰りに寄ってから病みつきになりました。
但し、子供食べない方がいい、辛いの弱い人ー>NG、
今年同席したパール玉川さん曰く
「お客を誘って行く処ではない!」と泣きながら怒られました。
でも、絶対オイシイです。
Oでした。







スポンサーサイト

テーマ : 釣り
ジャンル : 趣味・実用

アオリイカのシーズン

今年もアオリイカのシーズンになりましたね。
いよいよ今年も待ちに待った時期が到来しました^^
開発者もさっそく行ってきました。
地元の越前海岸は車で30分の場所でエギングをするところは沢山あるのですが
最近の流行で人はいっぱいです。
休みにもなると場所取りからしないといけないです><
つーわけで、平日は夜に行き、休みの日中は人の少ない所に行ってきました。
平日の夜とはいっても休み前の夜だったので、人が多い・・・
漁港をひとつずつ回っていったのですが、なかなかあたりがない・・・
3つ目の漁港はライトがある対岸で、シュチエーションがいい感じでした。
と、さっそくエギを投げると3投目にヒット!
ラインが横に動いたのであたりがはっきりわかりました^^
ちなみに、この時使用していたサングラスは超淡色偏光(開発品、非売品)
対岸のライトの反射が眩しいのですが、この夜用?偏光は通常よりも偏光度は落ちるのですが
その分明るいので、夜の漁港のライト対策にはいい感じでした。


夜イカ

夜イカ2

この日はこの1杯だけで、明日に備えるべく帰宅しました。

翌日の天気は快晴!すぎ!

三里浜

この日は快晴で、波も穏やか。絶好の釣り日和でした。
多分、メジャーなポイントは人が多かったのではなかろうかと・・・
一応、地元なので地の利を生かして、少なそうな場所に行くことに^^
行ってみたのはいいものの、逆に誰も居ない;;
ここ釣れるのかな・・・と不安を覚えつつ周りを見回して見ると
スミの跡が!さっそく開始することに
やり始めること2時間・・・・全く釣れない><;
うーん、釣れないのか、居ないのか・・・
暑さで飲み物だけが減っていく・・・
時間だけが過ぎていき午後の3時ごろに初ヒット!

いか1

この1杯を皮切りに釣れ出しました。

イカ2
いか3
いか4
いか5

計4杯!最後のイカはそこそこ大きく手ごたえを楽しめました。
まだまだ、初心者の開発者ですが、この日はラインでのあたりがわかりました。
この日のサングラスは愛用のN1フレームにドゥーブルをいれたサングラスでした。
釣りに夢中で見え方の写真はすっかり忘れてました・・・ゴメンナサイ;;
日中はちょっと明るすぎでしたが、夕方日が落ちだすと効果は抜群でした。
日本海側なので海に日が落ちるので、逆行は反射が強いですが
偏光度は高いのでかなり反射がとれているのがわかりました。
次回はちゃんと写真を撮ってきますね^^;

これから本格的なシーズンになるので、フィールドテストを続けていきます^^

石徹白釣行

先日石徹白への釣行へ行ってきましたー^^
1週間前ぐらいにサザンの店長からお電話がありご一緒することに
朝の4時起きで向かうこと2時間6時に到着すると既に準備をしていた店長
さっそく入渓!

P1000902_convert_20120621105044.jpg

そして、しょっぱなイキナリヒット!

石徹白イワナ

きれいなイワナ^^
朝から幸先のよいスタートが切れました

この日のレンズはライトコパー!
ちなみに店長もライトコパーでした。
したは裸眼とライトコパーの見え方の違いです。
(ヒットした所の写真です)

裸眼
石徹白裸眼

ライトコパー
石徹白ライトコパー

石徹白はいつ来ても綺麗ですね~
石徹白風景

癒されます^^
午前中に釣れたイワナです。

石徹白イワナ2

石徹白イワナ3

ここで午前中は終了しました。
お昼を食べたあとは上流の方へ行くことに
ここで店長、尺のイワナを釣りあげてました
まだ尺は釣った時はないので、いつか釣りたいですね。

最後に私も尺までは行きませんでしたが良型のイワナを釣りあげ
ここで終了しました。
石徹白イワナ4

石徹白はいつ来てもいい場所ですね
店長も尺を釣りあげてよい釣果でした^^
店長!またご一緒させてください。
ありがとうございました。

新POLAWING-SPX降臨

皆様お久しぶりのOです。
ついに出ました!
え! 何が! 今頃!!
という声が聞こえてきそうですが。

何回も何回も騙し続けた事をこの場を借りてこのようにお詫び申し上げます。
TKY201104210126.jpg
まったく反省の色が見えないと怒られそうですがいいんです。
退かぬ!媚びぬ!!省みぬ!!! ポラウイングに後退はありえません。
などと冗談はさておき、手前味噌な話は苦手ですが、6月から新発売のPOALWING-SPX160が好評です。
その理由とは?? 
これです。
IMG_0387_R.jpg
いきなりなんなんだとお思いでしょうが、この新しいPOLAWING-SPX160
(因みに新レンズ160薄型素材のPOLAWINGの意)
はこのようにナイロールフレーム(下リムがないタイプ)にも対応するのです。
賢明な諸兄におかれては、偏光レンズは真ん中に偏光フィルムをサンドイッチした形状なので、ナイロールで真ん中にミゾを掘って締め上げたら簡単に剥離(レンズとレンズが偏光フィルムを境にはがれてしまう事)してしまう。 よって偏光レンズはフルリムでないとダメ!!とわかっておられると思います。
これは!どんなまやかしを使ったのか!!
では、これをドン!
IMG_0393_R.jpg
ナイロール加工したレンズを半分に切って断面を見せた図です。
見て下さい、断面の真ん中、ナイロールの溝にキッチリと沿って偏光フィルムが入っているのが見えると思います。
内容がわかっている我々から見るとものすごい恐怖です、絶対ダメです、ほれほれ剥がしてやるぞ! 状態です。
でも、しかし、何も起きません。
そうなんです。 今回の160は従来のものに較べて飛躍的に、いや、革命的に密着強度が上がっているのです。
今までのPOLAWING(150)も他社さんに較べて密着強度には自信を持っていましたがレベルが違います。
いままでだと普通のやり方では早ければ1日ぐらいで剥離が入ってました。
ここがポイントです.
今回のPOLAWING-SPX160は飛躍的にフレームの選択幅が広がったのです。
IMG_0389_R.jpg
見てください。
食い込んでます、T-バックのように! このように興奮を覚えるのは私だけでしょうか?

皆様もこの興奮を味わってみてください! <--変態か?

という訳で長く雑文にお付き合いいただきありがとうございます。
6月よりどのようなフレームにも対応できるPOLAWING-SPX160好評発売中です。
なお、今回よりスポーツカーブ(8カーブ)用レンズもラインナップしました。
あーっと、最後になりましたが、シニアの方にも朗報です。

最近ボチボチと人気上昇中のPOLAWING-SPX累進レンズが全14カラー対応になりました。
全てのカラーで快適な視界をお楽しみください。

それでは、また。

国際フィッシングショー2012

皆様お久しぶりです。
Oでございます。皆様におかれましてはお元気だったでしょうか?
さておかげさま国際フィッシングショー2012無事終了しました。
当社も小さいながら1ブース出させていただき、予想を上回る大勢の方にお越しいただき
この場を借りまして御礼申し上げます。
ありがとうございました。

当社のフィッシングショー出展の目的はもちろん製品の宣伝、拡販の為ではありますが、展示会
の一番いい点はお客様と直接お話しできる点です。
マクドナルドのカリスマ経営者の原田氏が「お客様が食べた時の顔を見ろ」と言ってましたが
まさに当社も皆様から貴重なご意見やご要望を今回もいただき次の開発や改良の大きなヒントを
いただきました。

文章ばかりでは疲れますので会場の模様をどうぞ!
IMG_0340_R.jpg
会場設営の模様です。 明日からかんばるぞというところですね。
IMG_0342_R.jpg
スタート時はこんな感じでまず大手のブースに並ぶ人が多いのでゆったりしてます。
IMG_0346_R.jpg
ネオさんとパールメガネ玉川さんです。 なにやら作戦会議中。 まったりとした時間が流れてます。
IMG_0350_R.jpg
ところが、正面のDUELさんがプレゼンステージをやり始めた頃から、どんどんどんどん人が増えてきて。
最初は喜んでいたのですが、最後には通路が通れなくなって。
当社ブースが人1人通れるケモノ道と化した時には。
「もうこれ以上いれるな! 責任者でてこい!」のような状態がしばらく続きました。
IMG_0356_R.jpg
当然、この人のステージも熱気を帯びています。
IMG_0355_R.jpg

IMG_0363_R.jpg
最後はこんな感じで。
あっという間の3日間でした。
皆様お疲れ様でした。




プロフィール

ポラウィングブログ

Author:ポラウィングブログ
偏光レンズ・ポラウィングについてのレビューなど

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。