スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12’大阪フィッシィングショー

ご無沙汰致しております。
先週末に大阪フィッシィングショーに出店しました。

写真


横浜のフィッシィングショーは3回出展していたのですが、大阪は初めての出展になりました。
P1000481q_convert_20120210092153.jpg

たくさんの方に来場いただきましてありがとうございました。
弊社の偏光性能を見て頂く為の水槽もたくさんの人だかりが出来て大盛況でした^^

大阪F水槽1

大阪F水槽2

かなりの強烈な光で照らしているので、偏光度の性能が分かりやすいと思います^^
ただ、水の中が見えるのにもかかわらず魚がいないのがさみしい><;
何人かのお客さんにも魚が見えないよーって突っ込まれてしまいました;;

大阪F水槽水槽3

水槽テスト眼鏡

今回出展の目玉はN2というプラスチックフレームでした!
特徴としては
このフレーム見た目はサングラスなのですが、ちゃーんと度付きのレンズも入るように設計されています^^
ちまたで売られているサングラスは度付き不可というものが多いのですが、
このフレームはちゃんと入るのです、あとは偏光レンズなので極力歪みを少なく
レンズに負荷がかからないようになっています。

N2展示

3月には横浜フィッシィングショーにも出展予定ですので、
ご来場される方は是非ブースにお立ち寄っていただきポラウィングの性能を
実際に確かめてみてくださいね^^

シーズンラスト

先週末に今シーズン最後のフライフィッシングに行ってまいりました
今年は正直あまり行けてなく、しかも釣れているのはミニサイズばかりで;;
今年はもう無理かなー、と思っていました。
そんな時師匠から電話がかかってきまして、一緒に行くことになりました。
(ちなみに私が勝手に師匠と思っています^^;)
集合は九頭竜スキー場近くの道の駅(恐竜が目印でした)

九頭竜道の駅恐竜

師匠はこの辺はよく来る場所らしく、県外の人ですが
このあたりは自分よりくわしい^^;

鳥居さん

一応スムーズに集合でき、すぐに車に乗り込んで川へ向かったのですが、
その週はずっと雨が続いていて、川がかなり増水していて流れも速く
条件的にはかなり厳しい状態だったので、すぐに違うポイントへ

2番目に向かったところは上流のほうの川で、まだいくらかましな状態でした
(師匠曰く釣りができるギリギリな状態だったそうです。)
たしかにちょっと流れが急でした。

内波川1
内波川2

と、いいつつも支度をしてさっそく釣りをはじめることに・・・
うーん、流れがきついなー><結構歩くのも大変・・・
なんて思っているうちにさっそく師匠が釣れてましたw(゚o゚)w
はえー・・・

鳥居さん2

うーん・・・釣れない><;
なして・・・と思っている内にまた一匹;;

鳥居さん3

さすが師匠w
やっぱ年季が違うっス( ̄▽ ̄;)!!

去年師匠とは一度行っていて、まだチョー初心者^^;
(今もあまり変わらないが・・・)
ですが、今年は去年よりは上達していると言われ調子にのって
頑張っていました^^;
その時!!!ヒットーーー!!!
23CMくらいのイワナがヒットしましたーー!!
写真ないですけど・・・・
(師匠・・・早く写真送ってください><)
写真は師匠が撮影したので・・・
ほんとです!!!
写真が送られてきたらアップします!!

アオリイカシーズン到来

9月にも入り北陸でもちらほらアオリイカが上がっていると聞いたので
近場の漁港へ行ってきました。

この日は台風が接近していたのですが、
オフショアのせいもあってか、波は小さく漁港の中はほとんど皆無でした。
ですが、人はほとんどいなくてかなり釣りやすかったですね^^

去年はヤエンでの釣りにはまって、エギングはほとんどしていなくて
ほぼ初心者なのですが、;;
秋イカは初心者でも釣れると聞いていたので、期待をしていました。
もちろん、ラインを見るためにポラウィングを装着して、ラインを凝視!!!
ラインはオレンジのライン、掛けていたのはライトコパー
って、ほんとはどんな風に見えるか写真を撮っておきたかったのですが、
釣りに夢中で忘れました^^;
遊びに夢中で、仕事はほったらかしていたのが功をそうしたのか^^
ヒット!!!

アオリイカ1

コロッケサイズでした;;
まー、1匹は1匹まだ9月初めなのでしょうがないです。
30分後位に再びヒット!

20110905111802.jpg


さらに小さいorz
ま~、まだまだシーズンはこれからなので大きくなっていくのが楽しみです。
釣れないとわからないですが・・・
今度アップするときはラインの見え方の写真も載せたいと思います。

気になるランキング

皆様お待たせしました。 Mr.Oです。

前回はちょこっとまじめな話を書いて、各方面から大反響をいただきました。
「いやいやたいしたことないですよ」
「このぐらい普通ですよ」
など忙しい、忙しい。
と、単なる妄想を書いてみました。

それでも泣いてすがったら、弊社取引先のサザンインフィニィティさんがブログにのせてくれました。

ありがとう、サザンさん。
サザンさんのブログ
http://3x3infinity.blog10.fc2.com/page-1.html

前置きはこのぐらいにして、今回もまじめな話。
POLAWING-SPXはいったいどの色がいいのか?とはよく聞かれます。
いらだたしい事ではありますが、我々はメーカーとしてこの問いにお答えできる総てのノウハウ
を持っていません。
ただ、なんとかお答えすべく開発してここまで来ているとははっきりと言えます。

元々このブログはHPのフィールドテストのタブから飛びますが、まさに社内テストや外部テスター
の話やエンドユーザーのレビューなどを中心に記事にして、カラーセレクトの参考にしてもらえば
と考えて立ち上げました。
今は色々蓄積している段階ですので、おいおい皆様に公表していこうと思います。

さて本日の本題ですが、弊社のカラー別のランキングを発表します。
カラー選びの参考にしてもらえばと思います。
(SPX、旧POLAWING、SPの中でのパーセンテージです)

<POLAWING-SPX>
SPXパールグレイ     16%
SPXドゥーブル        8%
SPXライトグリーン      4%
SPXライトブラウン     7%
SPXライトコパー     16%
SPXキャメル         2%

SPXミドルグレイ      11%
SPXミドルドゥーブル    4%
SPXミドルグリーン     2%
SPXミドルブラウン     5%
SPXコパー          3%

SPXグレイ85      12%
SPXグリーン85      5%
SPXブラウン85      5%

カテゴリー毎の構成比はライトカラー50%、ミドル25%、ディープ25%です。
あらゆる用途を含んでますので、意外に保守的な色選びになってますが、ライトコパー
はフィッシング用途での購入によりこの数字になってます。
ランキング上位のものは選んでおいて無難であり大ハズレはないと言えますが,
裏をかえせばランキング低いものは特定用途では絶大な効果を発揮するカラーです。
まだまとめきってないのですが1つ言いますと、まったく売れてないSPXキャメルですが
シーバスのプロの方から関東ベイエリアなどのヘドロでにごったような水質においては
すごくマッチするとのご意見をいただいております。
SPXキャメルに関しては開発側としてはすごくこだわったカラーであり淡色ライトカラーで
いかにコントラストを上げるかで苦労したカラーですので支持されるのはうれしい事です。
興味ある方はお店で確かめてみてください。

参考までに旧シリーズのランキングものせておきます。
<旧POLAWING>
ハリカンスモーク     18%
クラウドブルー        7%
ロマネパープル        3%
ドゥーブルグリーン     7%
ベドウィンブラウン     18%
コーケィジアブラウン    4%

ウエストンブルー       3%
アイビーグリーン      2%
チェルシーピンク      2%
イェーナイエロー      2% 

ハリカンスモーク85   16%  
ドゥーブルグリン85     8%
ベドウィンブラウン85    9%

<旧POLAWING-SP>
SPパールグレイ      33%
SPドゥーブル        45%
SPライトグリーン      23%




淡色偏光レンズの秘密 その1

皆様お久しぶりです。 Oです

知ってる方は知ってると思いますがレンズ業界では最近短波長カット(ブルーライトカット)
レンズというのが流行です。 
各社が色々出してますが、要はUVカットだけではなく可視光線の一部であるブルー光は
眩しさの原因と波長の長さによりぼやけの原因と目にも有害としてそれを軽減するレンズです。
何の事?という感じだと思いますが、実は欧米ではずっと前からブルーライトが有害とは言って
まして最近出てきた話ではないです。
特に白人系はアジア系より眩しさに弱いので研究が発達したのではと思います。
日本の国内事情で言うとやはり高齢化ということで眩しさや目の保護ということに消費者が
敏感になっている風潮もあると思います。

という訳で、レンズによって目を保護する・快適にするなどのリラクゼーション効果があるレンズ
が注目を集めている中で当社が作っている偏光レンズにもなんらかの効果がないのか?
という事で、当社POLAWING-SPXの最大の特徴の淡色レンズの効能としてあまり知られ
ていない
「淡色偏光レンズの秘密 その1 色の薄いレンズは明るいだけではない!」
についてお話します。
まずは図にまとめましたので見て下さい。

濃淡色の視力への影響

図で説明しますと、濃いレンズを掛けて視界が暗くなると瞳孔が広くなります、逆に薄いレンズ
だと眩しいので瞳孔は小さくなります。 
このとき目の内部では図のような事が起きています。
ちょっと小さくて見にくいと思いますが、網膜に映る部分が色の薄いレンズのほうが小さくなり
ます。 
この円を錯乱円と言いまして、小さいほどピントが合っている状態になります。
写真でそのものにだけピントを合わせて背景をぼかした写真がありますよね。 あれが濃い
レンズで見た時のイメージです。 
薄いレンズの場合は背景もはっきりした映像になります。
実際に人間の目の場合、くだんの写真ほどの差は無いと思われますが、眩しさに対応できる
ならより薄いカラーのほうが対象物をはっきり見えやすいと言えます。
一見しただけで差がわかるというものではないですが、濃いレンズの場合人間の目は水晶体
をより稼動してピント合わせしないといけない分より疲れやすくなると言えます。
これは偏光レンズに限った話ではなく人が暗い所ではより光を取り込もうと瞳孔を広げ明る
い所では光量を下げるため瞳孔を絞る時の見え方がこうなるという事です。
そこで通常のカラーレンズと偏光レンズを較べると同じ濃さでも偏光レンズの方がより
眩しい所でも眩しさを感じない事は体験できると思います。
これは、偏光レンズ特有の機能であるギラギラした反射光をカットする事によりそう見えます
が、これだけでも通常のレンズよりもより光量を取り込んで明るくスッキリした視界になります。
しかもそれがより薄い淡色であったなら上の理由によりより有利に働きます。 

弊社POLAWINGを使用されたお客様からよく「以外に眩しくなくはっきり見える」という声
をいただきますが、それはただ単に色が薄く明るく見えるからだけではないのです。


<ご注意> 
どんな場面でも薄いカラーが向くわけではありません。 
偏光レンズは反射光をカットしますので通常の同じ濃さのサングラスと較べてより眩しい場面
でも快適に使えますが、光量の低減という光エネルギーを吸収して抑えこめる総量としての
性能はやはり絶対的な濃さの大小に左右されます。
POLAWING-SPXのライトカラーの場合、ほとんどの場面で快適に使用できますが例えば
船からの海釣りのような強烈な照り返しに常時さらされるような状況ではミドルやディープカラー
の使用をオススメします。
目の保護の為にもシチュエーションに合ったレンズ濃度の選択をしてください。

プロフィール

ポラウィングブログ

Author:ポラウィングブログ
偏光レンズ・ポラウィングについてのレビューなど

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。